だちょうのぼやきTOP ≫  webサービス ≫  Twitter APIの仕様変更の影響が自分にも

Twitter APIの仕様変更の影響が自分にも

スポンサードリンク
機能から急にインスタグラム(Instagram)からTwitterへの連携がうまくいかない。
なんでだろー、と思ってFacebook&Twitterでつぶやいたら、友人が教えてくれた。

Twitter APIの仕様変更の影響が自分にも降り掛かってくるとは思っていなかったので。。。
って結局アプリ側の問題で自分では何も対応は出来ないのですが。。

1月15日の未明〜早朝ごろから、Janetter、ついっぷるなど一部のTwitterクライアントでタイムラインが閲覧不能になる症状が相次いで報告されています。
原因はTwitter APIの仕様変更で、使用プロトコルが「http」から「https」に変わったためれしいいです。

元々、APIが[1.0]から[1.1]に変更になった際にHTTPSに変更になっていたのですが、その変更をしていないアプリ、サービスが多かったんですねw

ついっぷる(iPhone版)などはアップデートで対応済みで、古いバージョンを使っている場合はアプリをアップデートすれば改善されるそうです。
Android版Janetterや、Android版ついっぷるProなど一部で未対応の環境もあるそうですよ。

アプリはやっぱり更新のアップデートを待つしかなさそうです。

・Android版Janetterは「本日中に修正を予定しています」とTwitterでコメント
・ついっぷるも問い合わせてみたところ、こちらも本日中に対応予定とのことでした。
・auスマートパス版ついっぷるProについては現在auの審査待ち中だそうです。


聞いたところによると、Janetterを再インストールしたところアカウントの再登録ができなくなったとの報告も。
気をつけて下さい。

Janetterは現在、Twitterのユーザー認証数上限に達してしまっており、新規アカウントの認証ができない状態。
※これはAPIの変更とは関係のない仕様なんですけど、たまたま重なった為に、、、

Janetterの公式アカウントでも「アプリの再インストールは、アカウントの再登録ができなくなるかもしれないため、お控えください」と呼びかけています。


↓参照)Twitter APIの仕様変更でJanetterなど一部アプリが閲覧不能に 対処方法は?
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1401/15/news073.html

スポンサードリンク
コメント
コメント投稿フォーム:
 [必須]
: [必須]
トラックバック
トラックバックURL:
※ クリックで選択できます。

Copyright (c) Masatake KOMINE . All Rights Reserved.  <Google+

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。